ソーシャルメディアに載った中古ドメインの切り替え

中古ドメインの価値はかなり差があります。もっとも価値があるとされるドメインはアルファベット綴もよく、検索サイトに評価された、バックリンクの多いドメインです。このようなドメインは高額設定されるケースが多いです。しかし、毎日無数に放棄されるドメインがあることもあり、全ての放棄ドメインについてチェックが行われるわけではありません。重要なことは目立っていたドメインが放棄された場合です。例えばソーシャルメディアによく載っていたドメインが放棄されれば競争が激化しますし、SNSでリツイートやいいね数が多いリンクのドメインも注目を集めます。重要なことは価値がどの程度あるかと切り替えのタイミングです。中古ドメインは古ければ古いほど価値があると考えられてきましたが、古くても再利用されてこなければ効果が薄れてくることに注目が集まっています。特にソーシャルメディアに載っていたドメインならすぐに再活用しないと旨味がなくなるケースが多いです。中古ドメインのポイントの一つは検索サイトでの評価です。各検索サイトではインデックスとしてウェブサイトの情報を管理し、検索順位に当てはめていますが、インデックスについてはウェブサイトがアクセスできなくなると消されることがあります。どのタイミングで消されるかは検索サイト側が決めることなので予測できません。そのため、中古ドメインを活用するならすぐにコンテンツを適用させることが必要なのです。特にソーシャルメディアに掲載されたドメインなら内容が把握できますからコンテンツをあわせる作業もしやすいです。中古ドメインを利用する際よく間違うポイントとしてコンテンツの不整合があります。検索サイトでのインデックスはカテゴリやキーワードで設定されているものであり、違うカテゴリのコンテンツをリンクに当てはめても高価がないばかりか、インデックスが消されてしまうこともあるのです。あくまでも過去のウェブサイトの更新版が登場したと検索サイトに思ってもらわなくてはならないことを理解して利用したいものです。バックリンクについても同様であり、ウェブサイトに関係のない話題でリンクされても検索サイト側では評価しないケースがほとんどと考えられています。特にツールで作ったようなリンクでよくあるパターンであり、悪いツールだとアダルト系のサイトではないのにアダルト系のリンクばかりを設定する事例も数多くあります。

関連記事