レアな中古ドメインならworldwideに探す

中古ドメインは価値が大きく違っています。単に古いからと言う理由で購入するのはもったいないばかりか、最悪の結果となるケースも少なくありません。中古ドメインを探す際はworldwideに探すことが大事です。worldwideに探す方法は比較的簡単です。中古ドメインの販売業者は数多く、それぞれが独自のドメインを持って販売しています。クレジットカードが使えればすぐに買えますし、レジストラの変更もこちらのペースで可能なケースが多いです。ドメインはアルファベット綴で探す方も多いのですが、可能な限り事前チェックをすべきです。事前チェックで重要となるのがドメイン検索です。検索サイトでどのような評価を受けているドメインなのかを確認します。このチェックにおいてインデックス数が多かったり、表示順位が1位になっているドメインはレアドメインとなるわけです。レアドメインは新規サイトでも引き継がれますのでPV取得に大いに役に立ってくれます。しかし、引き継ぐにはいくつか条件があります。その一つがカテゴリです。サイトはある程度のカテゴリに分けられますが、すでにインデックス化されているカテゴリと同じでないと引き継げないのです。新規サイトの予定があるならカテゴリも注目して探さねばなりません。逆にカテゴリがあっているならキーワードまで合わせれば検索順位はほぼ引き継げます。次にチェックしたいのがブラックリスト化です。ドメイン検索した際にまったくインデックスが表示されない場合がありますが、この場合にブラックリストになっている可能性が高まります。ブラックリストは2つあり、一つはメールアドレスで利用されるブラックリストです。これはチェックするサービスがあるのですぐに分かります。また、検索サイトもブラックリストをもっていると考えられ、インデックスされないことが多くなります。ただし、公開されていないのでチェックは難しいですが、ドメインの履歴を見られるサービスでウェブサイトのキャッシュがあるのにインデックス化されていない場合は要注意です。ブラックリスト化される理由としてはツールを使って不正に検索順位をあげようとしたり、バックリンクをツールで作った場合などがあります。もちろん、コンテンツがまったく意味をなさないものでインデックス化されていない場合もありますが、いずれにせよ新規サイトに悪影響を及ぼしかねないドメインであり、利用を控える方が多いです。

関連記事