中古ドメインの取得予約とは

ドメインには有効期限がありますので、更新されないドメインは一定期間が経てば期限切れになり誰にでも取得可能な状態になります。そうした中古ドメインを見つけ出すツールは以前は高額で販売されていましたが、見つかるドメインは誰も再取得しなかったドメインということですので、あまり人気や質の高くないドメインです。期限が切れたドメインは毎日7から8万種類ほどが取得可能になっていますので、人気のあるドメインですとアフィリエイターやSEO業者などがあらかじめ調査しており、取得可能になった時点ですぐにそうしたドメインを取得されてしまいます。一般にはこうした人気のあるドメインを取得することは難しくなっています。そこでドメインの有効期限が切れてしまう際に、その中古ドメインを自動的に取得できるように予約をできるのがバックオーダーと呼ばれるドメインの予約サービスです。この中古ドメインのバックオーダーの予約という方法は、現在のドメインの所有者がドメインの更新をしない場合に、次の所有者になれる予約をすることになります。この予約方法ですと、予約サービスを提供している業者にバックオーダーの手数料とドメインの年間費などの管理料だけを支払うだけですむ場合が多いので、費用も抑えて取得できます。もし同じ中古ドメインに複数のバックオーダーの注文があれば、オークション形式で最高金額をつけた場合に取得できますが、オークション形式にならない場合と比較して余分に費用がかかりますので注意が必要になります。最近は.jpのドメインが人気となっており、取得可能な状態になるのが月に1回ですので、オークションでも高値になることが増えています。そのため費用を少しでも抑えたい場合には、海外のドメインである comを始めとして.netや.orgなどが毎日取得可能な状態になりますし、価格の安めとなっていますので狙い目となります。また予約サービスを提供する業者は多くあり、どこの業者が人気のドメインを取得できるかわかりませんので、どうしても欲しいドメインを予約サービスを利用して取得しようとする場合には、複数の業者に予約を入れておくことが効果的です。複数の業者に予約を入れますと、他に競争相手がいないドメインであった場合には、複数の業者を経由して自分の発注が競合することになり、手数料などの損失が発生してしまいますが、他に競争相手がいないという情報を知ることはできませんので、取得する確率をできるだけ高めたい場合には有効な手段になります。どうしても手に入れたいドメインがある場合はこうした取得予約をすることがおすすめです。

関連記事