中古ドメインのco.jpを使ったサイトの作り方

中古ドメインはほとんどのドメインで存在しており、特に企業用のco.jpでの利用が進んできています。co.jpドメインは会社謄本が必要なドメインですが、中古ドメインであっても新規の購入と手続きは同じです。そのため、他の中古ドメインと同様の利点があります。中古ドメインの利点は主に2つあります。1つは過去のサイトの利用履歴を踏まえたサイトが作りやすいこと、2つめはバックリンクなどが残っていることです。利用履歴は民間のサイトチェックサービスや検索サイトでデータ化されており、サイトのキャッシュとともに残されていることが多いです。特に検索サイトではサイトの履歴はコンテンツの価値とも捉えていると考えられており、いきなり高いコンテンツレベルとして新規サイトを進められると期待できます。バックリンクについても同様であり、リンクがそのまま新しいサイトでも運用されますので価値が出てきます。このような利点の多い中古ドメインですが、co.jpドメインでも利用できます。中古のco.jpドメインで新しいサイトの作り方は主に2つの過程があります。1つは先行してコンテンツを作ります。コンテンツはサイトの要ですからドメインのことを考えずに作成していけばよいです。そして並行して行うのがドメインの選定です。中古の場合は3つのポイントで選定します。1つは過去の履歴です。新規に作るサイトと出来る限り同じサイトを運用していることが重用です。まったく違うカテゴリだとサイト履歴を生かせないことが多いです。そして注意したいのがスパムやアダルトサイトでの利用が無いことです。アダルト系の会社であれば問題ありませんが、そうでなければアダルトはご法度です。中古の場合は特にアダルトでの利用履歴が多いので注意したいところです。履歴は一部しかないこともありますが、検索サイトでドメインで検索してみると検索サイトでどう判断されているかがわかります。また、選定においてはバックリンクもチェックしたいところです。バックリンクはリンクして欲しいSNSでドメインで検索してみると良いです。また、リンクしてくれている方のプロフィールなども見ておくとどのような方がリンクしてくれたかがわかりますのでサイトを作る際の参考資料ともなります。これらの情報はドメイン取得する前にしっかり調査しなくてはなりません。新規ドメインでも中古が出回っていることもあるので注意しておきたいポイントです。

関連記事