学校関連の中古ドメインを駆動させるメリット

中古ドメインはSEO的にかなり効果が高いので人気が出ていますが、特に学校関連が注目されることが増えています。学校関連のドメインはACJPなどが利用されていますが、海外ではCOMが利用されるなどAC以外の学校ドメインもかなりあります。しかも、途中でドメインを変える学校も多くなっているのでそれまでの被リンクを考慮すると価値が高いのです。また、学校ということでバックリンクも価値が高く、中古ドメインとしては特に優秀です。
中古ドメインをうまく獲得できたら駆動させることになりますが、その前にいくつかチェックしておきたいポイントがあります。1つはスパムチェックです。ドメインはスパム扱いされている可能性があります。しかも、一度スパム扱いされるとほぼ解消できません。取得前にしっかりチェックしておきたいところです。2つめはヤフーカテゴリです。登録されている場合はそのカテゴリに近い内容でサイトを作るほうが良いです。内容が違っていてもカテゴリから削除されることはまれですが、Googleなどの検索サイトではこれまでの内容と違うサイトになると被リンクなどの情報をリセットするとも言われています。可能な限り、内容も含めて継続することが大事です。教育関連の場合は話題が狭くなると思われがちですが、カテゴリが似ていればいいので内容はカスタマイズしやすいです。3つめは利用年数のチェックです。ドメインの利用の仕方も重要ですが、年齢も重要です。購入後にドメインの内容をチェックしてサイト内容を合わせるだけではなく、年齢をチェックできるサイトも確認して過去からサイトを見ておくと良いです。
中古ドメインについては購入後、管理してもらう業者を選ぶ必要があります。購入したサイトでそのまま運用できる場合もありますが、高めの運営費になっていることも多いので普段使っている業者へ移動させることが多いです。特に日本の業者は日本語で決裁できるので安心です。手数料についても国内業者のほうがクレジットカードを利用するなら安くなる傾向があります。ドメインを駆動させるためのDNSサーバーも用意されることが増えていますのですぐにWebサーバーなどに転用することができます。ドメインの価値はDNSサーバーには関係ありませんが、業者の選択については匿名で利用できる場合があるなど使い勝手がかなり異なります。使いやすい業者を選ぶことで大幅なコストカットが得られます。

関連記事